生まれたての赤ちゃんは、脳の重さが400グラムくらいです。しかし1歳くらいまでに、倍の800グラム程度に重くなっていきます。つまり、脳がそれだけ成長を遂げる時期なのです。これだけ目覚ましく脳が成長を続けるのは生まれてからの1年がピークだと考えられています。

 

アラキドン酸は、脳の発育や活性化に働きかける成分で、世界保健機構でも赤ちゃんにはアラキドン酸を与えた方が良いと推奨しています。母乳にはアラキドン酸が含まれているので、母乳育児の場合配慮はいりませんが、粉ミルクで赤ちゃんを育てるような場合は、アラキドン酸配合商品を意識して購入するようにすると良いでしょう。アラキドン酸は赤ちゃんだけではなく、中高年から老人にかけてもとても重要な成分だと言われています。この年齢になると脳の発達を期待してアラキドン酸を摂取するのではなく、脳の老化予防のために摂取すべきだと考えられています。

 

アラキドン酸は人に必要な成分でありながら、ほとんど体の中で作られることがありません。ですので、経口摂取でアラキドン酸を取り入れていく必要があります。まず食事ですが、アラキドン酸は植物性ではないので野菜やフルーツでそれを摂取することは難しくなります。肉や魚、レバーや卵に多く含まれています。

 

好き嫌いが多かったり、加齢の影響で肉が食べにくくなっているような場合でも、アラキドン酸サプリメントならばそれらの問題をクリアしてくれます。脳の老化予防に効果があるだけではなく、アラキドン酸は体のあらゆる機能を向上させてくれる働きがあるので、肉体的な衰えにも効能を期待することができるでしょう。

 

免疫力システムも正常にしてくれ、免疫力がアップして、根本的に強い体がつくれます。人間50年と言われた時代から、今は80年、100年が珍しくなくなってきている時代です。何歳からでも青春を楽しむことができ、明るい将来への希望がある時代です。アラキドン酸で、若く健やかな脳と肉体を手に入れましょう。